突発性難聴

Kさん 40代 女性

病院で治らないといわれた耳鳴りがよくなりました。

10年ほど前、突然耳鳴りが始まり、方耳が聞こえづらくなりました。病院へ行くと突発性難聴と診断されました。耳の血流を良くするという薬を処方され、しばらく服用しましたが良くならず、医者からは、発症後すぐに治療して治らなければもう治らない、と言われました。
その後、耳鳴りは、気にならない程度になりましたが、疲れたり寝不足になったりすると強くなりました。不快でしたが、治らないと言われたものは仕方ないとあきらめていました。

この春、忙しい日がしばらく続き、耳鳴りが今までになくひどくなりました。音の聞こえ方も悪くなって、街の騒音が不快で、人の話も聞きづらくなりました。この状態が続いてはたまらないと思い、坂井先生にお話ししたところ「治る」とあっさり言われました。

最初の鍼治療は翌朝、耳鳴りが軽くなっていました。週に2度ほど通い、2週間目にはひどかった症状はおさまりました。その後、耳鳴りが朝だけ残るという状態がしばらく続き2ヶ月後にはほとんど気にならなくなりました。治らないと言われていたのはいったい何だったのでしょう。
さらにおまけがあります。親知らずを抜いたあとの腫れが引いていないようだと先生がおっしゃったのです。たしかにやはり10年ほど前、親知らずを抜き、顎を押さえると痛いのです。一緒に鍼を打ってもらっているうちに、顎もすっきりして、それとともに耳もよくなりました。

西洋医学では耳鼻科と歯科は別ですが、耳と顎・歯は実際にはごく近く、つながっています。専門別に細かく分けることにも利点はあるのかもしれません。でも私の場合には全体を診てくださる坂井先生の鍼のおかげで、あきらめていた耳鳴りと顎の痛みはつながっていたことがわかり、しかも一緒に良くなりました。
本当に良かったです。

脳梗塞の後遺症、糖尿病、詩吟の声の出が良くなった

Iさん 70代 女性

その壱

平成16年5月、バレーボールの国際試合のテレビ観戦中に突然脳梗塞を発生しました。飛び交うボールが二重になり二個に見えだしたのです。救急車で入院、直ちに点滴治療の開始となったのですが、3日目に左半身の動きが止まりました。
リハビリ専門へ転院。8月末には退院し歩行の機能は曲るように回復出来たのですが、左足の膝から下の外側には薄い鉛の板が入っている様な重さが残っていました。
本年(平成21年)3月から鍼灸治療を受け始めましたところ気がつくといつの間にか鉛の板が溶けて無くなっていたのです。
又、少し引きづり乍運んでいた左足の太ももが軽く上がる様になっていました。この喜びを一人でも多くの方々と共感致したくご報告します。

その弐

平成16年に脳梗塞を発生し退院の時には糖尿病を抱えて帰宅しました。発病するまでは広範囲に行動し元気に過ごしていたので健康診断と名のつくものは何一つ行っておらず自分の身体の状態には皆目無知でした。
退院時には朝・昼・夕共食前食後に薬を服用していましたが、その後改善され、一日に2回食後の服用になったのです。
本年になって毎日の検査でも高値安定で頭打ち状態になっておりました。
鍼灸治療を受け始めてから毎月、血糖値が下がり始め三ヶ月遅れでヘモグロビンAICも下降し始めました。
同じ様に毎月の検査で一喜一憂の方々に鍼灸治療をお勧めします。

その参

私は永年にわたり詩吟を趣味の一つに楽しんでおりますが、脳梗塞で三ヶ月の入院の後すっかり声が出なくなり現役のオペラ歌手にヴォイストレーニングをお願いしましたところ洋楽と邦楽の違いもあり、なかなかこれといった手応えも無く5年が過ぎましたが鍼灸治療を受け始めて2回目が過ぎた頃、この頃声に張りが出た様に聞こえると、同じ教室の人に言われる様になりました。又、歩く様子を見た人からこの頃しっかりした足取りになってきたと言って頂きました。
自分では気がつかない内に側からほめて頂くととても嬉しいものです。

皆さんも一度鍼灸治療を受けて下さい。
院長先生始めスタッフの方の真のやさしさに出会えます。

声が出なくなって

Mさん 30代 女性

ある日突然声が出なくなりました。ノドにも痛みがなく、熱もないし、身体は元気。ちょっと咳が出たりするが全く風邪っぽい症状はありませんでした。

声が出なくなって3日後、一向と治る気配は無く、声が出ない自分を好きになるしかない・・・なんて思っていましたが、人と会うことが続いたので念のため内科へ行き、症状を診てもらいました。
扁桃腺も腫れてないし、ノドも赤くなっていないし、熱もないし、インフルエンザでも風邪でもなさそうですねといいつつも、抗生物質など3つのお薬を処方されました。最後にもしかしたらポリープかもしれないので処方したお薬を3日間飲み続けてまだ声が出ないようだったら耳鼻科へ行き検査してくださいといわれました。

その晩は言われた通りお薬の飲んでみましたが、原因がわからないのに何でこの薬を飲まないといけないのか・・・? と、気分的にしっくりしなかったので薬はすぐに捨てました。
さー、どうしようかと考え始めたとき坂井先生の事を思い出しました。どこも痛いわけでもないし、鍼と指圧で治るのかなと不安でしたが、翌日主人に坂井先生へ電話してもらい症状を伝えました。先生は「しゃべりすぎ、すぐ治るからとりあえず来なさい」と。
早速 治療へ行きました。

声が出なくなってしまったのは疲労で首や肩が凝り、声帯も硬直していたからだったみたいです。
指圧と鍼治療で、帰る頃には人に聞こえるくらいの声が出るようになりました。と、言ってもまだまだなので、2日後、またその2日後・・・と、3回通い、3回目には声は普通に出るようになっていました。
原因は、たくさんの人たちと会ったり、忙しかったりしたのにも関わらず、続けていた散歩をしていなかったため。運動不足という事でした。
運動不足や疲労で声が出なくなるなんて思ってもいなかったのでビックリしましたが、指圧と鍼で簡単に出るようになって良かったです。

頚椎捻挫

MHさん 30代 男性

2年前、とあるきっかけで首から右肩・背中にかけてを痛めてしまいました。
病院で頚椎捻挫という診断を受けたのですが、電気治療をしようがマッサージを受けようが一向に良くなる気配がありません。
毎日のように感じる邪魔な痛み。
これから解放されたらどんなに楽だろう。

一生この痛みと付き合っていくのかな・・・

半分は諦めもありましたが、心のどこかではいつも回復を夢見ている自分がいました。

それからというもの、様々な治療院を渡り歩きましたが効果はイマイチ。
「この先生はいいよ!」という評判を聞いては遠方でも足を運んで回復を願いましたが、やはり思うような結果には至らず。

回復が芳しくない理由を考えてみると、

“自分が痛みを感じている患部が正確に伝わってない”

という事が大きいと思いました。
「ここが痛いんです。」
と伝えても、治療者の先入観やマニュアル通りの手順でしか治療されないために、ただ回数を重ねるだけの無駄な通院。

私のように、そんなジレンマを感じている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時坂井先生を薦められて、私としては藁にもすがる思いでしたから、すぐ治療をお願いしました。
問診で伝えた現状を元に指圧と針治療を施していただきましたが、

「そう!ここが痛いんです!」

首から肩から背中から、ピンポイントで患部を当てていく経験とセンスには驚きを通り越して感動すら覚えました。患部によっては、皮膚に近い浅い箇所だったり、ずっと奥の方が痛かったりと様々なのですが、見事にヒットしていきます。
たった一回の治療で思いがけない結果がでて、とても爽快な気分を味わえました。
ただ全快するには数回かかるという事でしたが、明らかに希望がみえました。

患者と治療者の関係性は恐らく相性というものがあるとは思いますが、少なくとも、私にとっては数年の悩みを解決できるきっかけになったと思います。