東洋医学とは

東洋医学

「部分」の西洋と「全体」の東洋 病気に対する考え方が西洋と東洋でずいぶん違います。たとえば胃が痛いとき、あなたはどちらの方法で治療しますか?

「西洋医学」と「東洋医学」の違いを一言で説明するならば、西洋医学は局所医学であり、東洋医学は全体医学である、ということです。
たとえば「胃が痛い」「もたれる」という症状のとき、西洋医学ではレントゲン検査や血液検査をし、胃カメラを飲んだりして胃炎・胃潰瘍・胃癌といった局所で病名を決め、それから治療に入ります。消炎剤・鎮痛剤・抗がん剤・放射線・手術等、対症療法で一時的には良くなったように見えても、そこに副作用が加わり結果的には悪化していく場合が多いのです。そして最後は取って捨ててしまいます。

東洋医学

それに対して、東洋医学では「一部は全体を表わす」という東洋的な思想に即して治療していきます。
まず、目で見えるものから見えないものまでを心の目で観る(観自在)、直感的に感じる、波動・オーラ・霊的なものを全体像としてとらえる(これを東洋医学で『望診』といいます)。そして脈診・舌診・腹診・背診をし、五臓六腑全体の状態とバランスを診ます。
全身的に診察して、内臓全部を良くしたり全身の筋肉や血液・体液の状態を改善することにより、部分の負担を減らすことで胃の状態を良くする、という考えで治療していきます。

その内容は、胃の悪い人は必ず背中や腰にこりや痛みがあります。それを治療することで皆、胃の病気は治ってしまいます。そして胃が悪い人は腸と肝臓と腎臓が弱っているのでそこを治療することで胃を助けることになり、より効果が上がります。もちろん、胃そのものも治療します。
また、「心身一如」という見方をしますので、精神面の治療も身体のツボを使います。
全ての内臓を良くし、健康な体、強い体を作ります。

『健全な肉体に健全な精神が宿る』

精神面を良くすることにより内臓の負担が減ります。
人間の病は、心と身体の全体的な現われであるのみでなく、社会をも含めた大自然全体の現われでもあります。人間が自然界の法則から外れた時に病気という形で現れるのだから、身体や心を自然の法則に戻し、大自然の流れの中に委ねてやれば病気は自然に治っていくものだと考えるのです。
ですから治療の対象とするのも、西洋医学は局所的な「病」であるのに対して、東洋医学では「人」そのものです。とすると病気は治すものではなく、治るものと考えたほうがよさそうです。まして「病気と戦う」のではなく根本原因を修正しつつ、全体的な「調和」をはかっていく為の手助けをする、という考え方です。

先日、心理学者の『ひろさちや』さんが「娑婆の教育・極楽の教育」という講演会の中で、「極楽の教育とは良い子・ダメな子と区別することではなく、あるがままの状態を尊ぶこと、一人一人が尊い命なのだから」と、おっしゃっていました。
ひろさんが説かれる「比較や競争という『戦の世界』ではなく『調和の世界』こそ仏教の世界であり、宇宙の法則の世界であるということに通ずるような気がします。

東洋手技医術師会

HOME